検索
  • 大谷茶屋

旅色、、、


動画はなんの意味もありません

ガンズはスラッシュのレスポール、イジーのくわえタバコ、

アクセルの存在感に痺れましたねー当時。

当時、ずっと続けていた野球をやめて人生初の挫折をあじわい

当然学校の勉強などする気もさらさらないので

毎日やさぐれてヤンキー風になってみるも

周りにはホンモノのこわい人達がたくさんいらっしゃいましたので

だらだらと目標のない毎日を過ごしていた14歳ぐらいかな〜

友達に教えてもらい洋楽とギターに出会い

また熱くなれるものを見つけたのもこの年でした。

女子にモテるんじゃないの?などとしょーもない理由でバンドなんかはじめて

根が単純なもんでまたまた熱くなってしまい、、、、、

一応、お店のブログなんでこの辺でやめときます。

お口直しにお綺麗な女優さんの写真を

旅色というwebmagazineらしいです。

僕のようなオッサンはネットで雑誌を読むなんて習慣がないので

ひじょうにビミョーな感じですが

基本、女性向きの旅行雑誌みたいです。

最初お話しをいただいた時は

おっ! 毎月有名女優さんが表紙なん?

て事は。ベッピンの友達が2、3人出来るやん!とアホな事を考えましたが

撮影場所は別のところらしいです、笑

ま、当たり前ですね。

おしゃれな雑誌ですので旅行される際は参考にどうぞ。

あとFacebookとインスタグラムに鰻を割いているところの動画をあげておきました。

お客様や知り合いから捌き方を教えてほしい、見てみたいとの声がありましたので

挑戦してみましたがインスタグラムの動画15秒の壁は厚く

まだまだ精進しないとダメですね。

Facebookの方は編集なしでいけました。

興味ある方は見てみてください。

因みに当店は関西風の腹開きです。

関西風なので蒸しの工程もありません。

焼きのみです。なので他店様より焦げ目が強いかもです。

当然、作り置きもできません。

見た目がきれいではなく、お出しするのも時間がかかる。

大変どんくさい今の時代に合わない商売のしかたかもしれません。

しかし僕はこのやり方が好きです。

お待たせするのは大変心苦しいですが

鰻の一番美味しい状態で食して頂きたいと思っています。

この辺のこだわりをダラダラ書きだすとまた熱くなってしまい

大変長くなってしまうので今日はこの辺で。

それでは。


0回の閲覧